ダイエットピルの種類について

美容皮膚科や外科などでは、痩身目的の人のために、ダイエットピルを処方することもできます。
ダイエットを手助けするサプリメントは種類も多いですが、クリニック等の医療機関で処方されるダイエットピルは、それほど数は多くありません。
その中でも、よく利用されるのは、2種類のダイエットピルになります。
食欲抑制薬のサノレックスは、厚生労働の認可を得ている薬です。
マジンドールという名称で、ノヴァルティスファーマにより製造販売されています。
食欲が止まらない人、つい食べ過ぎてしまう人は、食べるのを少しセーブする必要があります。
自分の意思だけでは、自分に負けてしまうことも多いものです。
食欲抑制薬は、服用することで脳に働きかけます。
食欲中枢を刺激して、過剰に食べたいと暴走してしまう気持ちを、過食にならないように抑えてくれる働きがあります。
服用してしばらくすると、あまり空腹感を感じなくなります。
ダイエットでありがちな、無理に食事量を減らして、精神的にストレスを感じる方法とは違います。
そのため、メリットとして、リバウンドしにくいという特徴を持っています。
有酸素運動も行うといいと言われるのは、飲むことで新陳代謝も上がるためです。
脂っこい食事が多い人には、アメリカFDAにより認められている、ゼニカルの利用ができます。
食事の脂肪分は、すべて体内に吸収されることはなく、何%かは吸収されないで、体外に排出される仕組みです。
油物を食べることが多く、カロリーが気になるタイプには、助かるダイエットピルです。
ご飯やパンといった炭水化物、チョコレートやお菓子など糖分たっぷりの食べ物が好きな場合は、また別のダイエットピルになります。
この2種類が、クリニックなどで処方されることの多いダイエットピルの種類です。

■テレビでも紹介された肥満治療薬
ゼニカルで「食べる」をなかったことに!